結婚相談所で結婚経験者および結婚予定者が結婚を決めたきっかけ|婚活

婚活婚活・結婚データ>結婚のきっかけ

婚活

結婚のきっかけ

結婚経験者および結婚予定者に結婚を決めたきっかけを質問した。
【若年無子家族】の場合、男女とも「きっかけはないが一緒に暮らしたかった」が、最も高い。
(男性:52.0%、女性:50.0%)。次いで「自分の年齢を考えて」(男性:36.0%、女性:25.3%)、「交際期間の長さを考えて」(男性32.7%、女性:27.3%)が続いている。

【男性】
【若年無子家族】の場合、上記3項目に次いで「相手の年齢を考えて」(23.3%)が高くなっている。
一方、【継続独身】の場合は「きっかけはないが一緒に暮らしたかった」(29.6%)が最も高いが、その割合は【若年無子家族】に比べてかなり低く、「家族・子どもが欲しくなったので」(25.9%)が第2位に挙げられている。
また、「相手に結婚を迫られて」や「子どもができたので」の割合が【若年無子家族】に比べ高い。

【女性】
【継続独身】では「自分の年齢を考えて」(34.2%)が最も高く、「相手に結婚を迫られて」(26.3%)がこれに続いている。
【継続独身】の男性同様「家族・子どもが欲しくなったので」「子どもができたので」の割合は【若年無子家族】に比べて高くなっている。

図表2-1-1.結婚のきっかけ(複数回答)(基数:結婚経験者および婚約中の人)

  1位
2位
3位
継続独身男性(n=27) 一緒に暮らしたかった
29.6
家族・子どもが欲しくなった
25.9
自分の年齢を考えて
22.2
若年無子家族男性(n=150) 一緒に暮らしたかった
52.0
自分の年齢を考えて
36.0
交際期間の長さを考えて
32.7
継続独身女性(n=38) 自分の年齢を考えて
34.2
相手に結婚を迫られて
26.3
一緒に暮らしたかった
23.7
若年無子家族女性(n=150)
一緒に暮らしたかった
50.0
交際期間の長さを考えて
27.3
自分の年齢を考えて
25.3

図表2-1-2.結婚のきっかけ(複数回答)(基数:結婚経験者および婚約中の人)

図表2-1-2.結婚のきっかけ(複数回答)(基数:結婚経験者および婚約中の人)

※厚生労働省雇用均等・児童家庭局  総務課少子化対策企画室『少子化に関する意識調査研究」報告について』より